Contents  安来へどうじょ

国産みの夫婦神の物語と日本の神々の関係

高天原(たかまがはら)と呼ばれる国にはたくさんの神様がおり、その国で一番最後に生まれたのが男性の神様イザナギと女性の神様イザナミです。二人は初めての夫婦神として誕生しました。
その頃の地上は水の上に油が浮かんでいるようなふわふわとしたものだったので、神様たちは夫婦神に、地上を固め国づくりをするようにと命じました。
高天原から地上へ懸かる「天浮橋(あまのうきはし)」に立ち、神様から授かった矛で海をかき回すと、矛から滴り落ちた塩が固まり「淤能碁呂島(おのごろじま)」という島ができ、地上に初めて陸地が誕生しました。

二神は島へ降り立ち、「天御柱(あめのみはしら)」という太い柱を立てこの柱を別々に巡り出会った所で結婚をしました。そして次々と国を生み「大八島(おおやしま)」つまり日本列島が作られました。
国が出来ると、次にその国に住む様々な神様を生みましたが、最後に火の神「火之迦具土神(ヒノカグツチノカミ)」が生まれた時、イザナミは大火傷を負ってしまいます。
苦しみながらもイザナミは鉱山の神などを生みましたが、ついに命を落としてしまいます。
イザナギは大変悲しみ、大声で泣きました。イザナミを出雲の国と伯耆の国の間にある豊穣の地・能義平野の比婆山に葬りましたが、それでもイザナギの悲しみは収まらず、カグツチを斬り殺してしまいます。するとそこから刀剣の神「建御雷神(タケミカヅチ)」が生まれました。

それからしばらく経ってもイザナミのことが忘れられないイザナギは、一目会いたいと死者の国「黄泉(よみ)」へ向かいます。
黄泉に着くとイザナミが大きな御殿の戸の外で出迎えていました。イザナギは「私の元へ戻ってきて欲しい」と言いますが、イザナミは「私は黄泉の国の食べ物を食べてしまい、ここの住人になってしまいました。でもあなたが迎えに来てくれたので私も何とか帰りたい。黄泉の国の神様に相談をしてきます。ただし、その間絶対に私の姿を見てはいけませんよ」と言い、御殿へ戻っていきました。
大変長い時間待たされましたが、一向にイザナミが出て来ないことに痺れを切らしたイザナギは、櫛の歯を折って火を灯し暗い御殿へ入って行きました。
そこでイザナギは、身体が腐りうじの湧いた見るに耐えないイザナミの姿を見てしまいます。
恐ろしくなったイザナギは逃げ出してしまいます。醜い姿を見られたイザナミは「私を見てはいけないと言ったのに、約束を破り私に恥をかかせたな」と怒り狂い、黄泉の国の鬼女たちにイザナギを追いかけさせます。
なんとか逃げおおせたイザナギでしたが、最後にイザナミが自ら追いかけてきます。驚いたイザナギは黄泉の国の出口「黄泉比良坂(よもつひらさか)」を大きな岩で塞いでしまいます。

岩で道を塞がれ怒りに震えるイザナミは、「あなたが約束を破りこんな目に遭わされた、もうあなたの国には帰りません。これからあなたの国の人間を毎日千人ずつ殺します」と言い出します。するとイザナギは「それなら私は毎日千五百人の人間を生もう」と言い、ついに二神は永遠に離別しました。こうして人間は一日に千人死に、千五百人が生まれるようになりました。
そしてイザナミは黄泉の国を治める神となり「黄泉津大神(よもつおおかみ)」と呼ばれるようになりました。

やっとの思いで自分の国へ戻ってきたイザナギは、黄泉の国の穢れを清めるため筑紫の日向(現在の宮崎県宮崎市)へ向かいます。
イザナギが身を清めている間に様々な神様が生まれ、最後に左目を洗うと「天照大御神(アマテラスオオミカミ)」が生まれ、右目を洗うと「月読命(ツクヨミ)」が、鼻を洗うと「建速須佐之男命(タケハヤスサノオノミコト)」が生まれました。
イザナギは、アマテラスに高天原を、ツクヨミに夜の食国を、スサノオに海原を治めるように言いつけました。