Contents  安来へどうじょ
道の駅あらエッサ スタッフブログ

月山富田城略年表


西暦(年) できごと
1185 1月2日、佐々木義清、出雲・隠岐の守護となり、富田に入る。
1335 塩冶高貞、足利尊氏に降って、出雲全国を尊氏より受く。
1341 4月、出雲の守護・塩冶高貞、山名時氏のために追われ、出雲に帰り宍道にて自殺す。
1343 8月20日、足利尊氏が佐々木高氏(佐渡判官道誉)を出雲の守護職に補す。
1353 山名時氏、佐々木高氏を破って、雲・隠二国を奪う。
1364 山名時氏、出雲の守護となる。富田秀貞を目代として富田に居らしむ。
1392 3月2日、京極高詮、出雲の守護となる。
1395 尼子持久、京極高詮の守護代として富田城に入る。
1404 山中幸盛の祖・五郎幸久誕生。(尼子清貞弟)
1441 12月20日、幕府、京極持清を出雲・隠岐・飛騨三国の守護職に補す。
1458 11月20日、尼子伊豫守経久誕生。
1486 1月1日、尼子経久、守護代・塩冶掃部介を滅ぼし、富田城を乗っ取る。
1490 3月上旬、大徳寺の春浦宗煕、経久の画像に讃す。(画像は洞光寺にあり)
1508 10月25日、京極政経(政高)吉童子丸に守護職を譲る。
1518 9月6日、尼子政久(経久嫡男)阿用にて討死す。26歳。晴久当時5歳。
1521 この頃、尼子経久、山陰・山陽11カ国(因幡・伯耆・出雲・石見・隠岐・播磨・美作・備前・備中・備後・安芸)に号令す。
1526 毛利元就、尼子と訣別し、大内義興と旧交を復す。
1534 尼子興久(経久三男)父と不和になり備後甲山城主、山内大和守直道方にて自殺す。38歳。
1537 11月、尼子経久家督を孫(晴久)にゆずる。経久80歳、晴久24歳。
1540 8月10日、尼子晴久、毛利元就征伐のため富田城を出発す。
1541 1月13日、尼子下野守義勝(久幸)毛利と戦って、戦死。14日晴久富田に敗走す。
1542 1月12日、大内義隆、出雲攻略のために周防山口、築山の館を発足す。
1543 5月7日、月山来攻の大内義隆破れ、嫡子周防守(晴持)揖屋にて溺死す。
1552 4月2日、尼子晴久、将軍義輝より、8カ国の守護職に補さる。晴久39歳。
1554 11月1日、尼子晴久、新宮党を族滅す。(国久、誠久殺され、敬久討死、常久、吉久自殺、孫四郎(勝久)二歳脱出。
1560 12月24日、尼子晴久頓死、47歳、嫡男義久嗣ぐ。
1565 4月17日、毛利元就、富田城を三面より攻撃す。お子守口・元就、塩谷口・元春、菅谷口・隆景。毛利軍城内に入ることを得ず。
1566 11月28日、尼子義久、毛利の軍門に降り富田城開城す。
1569 6月23日、山中幸盛、勝久を奉じて出雲に進入す。勝久17歳、幸盛25歳。
1570 2月14日、尼子、毛利両軍布部山にて戦い、尼子軍大敗す。
1578 7月3日、上月城落城し、尼子勝久自殺す、26歳。7月17日、山中幸盛備中国甲部川にて殺さる。34歳。
1585 5月3日、毛利元秋、富田城内にて病死す。
1591 6月18日、吉川広家、出雲三郡、伯耆半国12万石を下賜され富田城に入る。広家、米子湊山城を築く。
1600 9月19日、堀尾吉晴、雲・隠24万石の大守となり、11月富田城に入城。吉川広家は周防岩国に転封せらる。
1611 6月17日、堀尾吉晴、松江に卒す、69歳。富田城は、文治元年より、慶長16年まで427年にして廃墟となる。



月山富田城・尼子一族
戦国尼子フェスティバル
5年に一度、尼子の子孫たちが月山富田城城下町・広瀬に大集合!
第6回の開催は平成25年9月28日(土)・29日(日)
一族法要、武者行列やステージイベントなど、様々な催し物が行われます。
月山富田城略年表
月山富田城のできごとを簡潔に年表にまとめています。
尼子一族盛衰記
安来市広瀬町月山富田城を中心に、最盛期には山陰山陽十一国を従えた戦国大名『尼子氏』とはどのような一族だったのでしょうか。


尼子盛衰記を分かりやすく解説
尼子盛衰記を分かりやすく解説しています。
「城下町広瀬まちあるきへ出陣!」のパンフレットをリリース!
富田の城下町広瀬のレトロな街並みや歴代城主に由来するスポットなどの
まちあるきに便利なMAPです。
山中鹿介ゆかりの地
安来市の戦国武将 山中鹿介幸盛
七難八苦の悲運の戦国武将、山中鹿介幸盛(やまなかしかのすけゆきもり)の
波乱の一生をご紹介します。
川中島一騎討ちの碑
山中鹿介幸盛と、木狼介勝盛が一騎打ちを行ったと伝わる場所です。
月山富田城跡
難攻不落!天下の名城「月山富田城」の跡地です。
山中鹿介幸盛祈月像
祈る鹿介の真摯な姿から、戦国ロマンへ想いを馳せることができます。
山中鹿介幸盛生誕地
鹿介の生誕地といわれている山中屋敷跡です。
三笠山
鹿介は三笠山にかかる三日月に祈ったといわれています。
山中鹿介にあやかった祈願札【祈月札】のご案内
鹿介にあやかり、これから何かに挑戦するための立ち向かう勇気や逆境に負けない心を授かろう!