Contents  安来へどうじょ
トップページ > 観光スポット > 観光施設 > 安来市加納美術館(やすぎしかのうびじゅつかん)

安来市加納美術館(やすぎしかのうびじゅつかん)






 人間国宝5人の備前焼をはじめ、地元出身作家の作品を数多く展示しています。
加納美術館は、故加納溥基(ひろき)氏により郷里の発展を願って、生涯学習・文化活動の拠点となるよう建設されたものです。
設立の動機は、溥基の父であり、画家であった加納莞蕾(かんらい)の作品が、戸棚の奥から多数見つかったことに始まります。莞蕾は、油彩が本職で独立美術展の会友でありましたが、晩年は墨彩画や書を中心に活動していました。 莞蕾の作品のほか郷土出身の彫刻家西田明史と細田育宏の作品を併せて展示しています。

また、溥基氏の蒐集による備前焼の中から、国・岡山県より重要無形文化財として指定を受けられた方々の作品と、桃山時代の陶工たちの古備前を展示しています。
そして、岡山県出身の画家であり、文化勲章受章者でもある小野竹喬と池田遙邨の作品も展示しています。
有名陶芸家、数十人の茶の湯の名碗も取りそろえ展示しています。

■名碗を愉しむ会
普段はガラスケースの中に展示されている貴重な碗を手にとってご覧いただける機会です。
ぜひお気軽にお越しください。


■所在地 〒692-0623 安来市広瀬町布部345-27
■TEL 0854-36-0880 ■FAX 0854-36-0881
■URL http://www.art-kano.jp/
■E-mail art-kano@dojyokko.ne.jp
■営業時間 9:00~16:30(入館は16:00まで)
■定休日
・4月より毎週火曜日定休(祝日の場合は翌日)
・展示替えなどによる休館あり(7月15日~17日、9月22日・23日等)
・年末年始
■料 金 一般1,000円、団体800円(20名様以上)
学生500円(高校生以上)

身体障がい者手帳所持者及びその介護者1 名、
療育手帳所持者及びその介護者1名、
精神障がい者保健福祉手帳所持者及びその介護者1名は無料
※入館時に手帳をご提示ください
■アクセス 安来ICより3番目の信号を左折、約20分
安来駅より車で30分
イエローバス・広瀬=西比田線「加納美術館入り口」下車
■駐車場 あり



大きな地図で見る