Contents  安来へどうじょ
道の駅あらエッサ スタッフブログ
トップページ > 観光スポット > 神社・仏閣 > 金屋子神社(かなやごじんじゃ)

金屋子神社(かなやごじんじゃ)



 1200社を数える「金屋子神社」の総本山。
 明治14年の建造で高さ9mの御影石造りの見事な大鳥居は石造りでは日本一と言われています。
 昔の伝統を頑なに守るたたら職人をはじめ、鉄に関わる様々な人々の信仰を集めていて、現在でも製鉄・治金関係者らが数多く参詣しています。
 祭神は金山彦命・金山姫命。

 

 日照りで困っていた播磨の国に、慈雨をもたらし多くの人を飢餓から救った金屋子神。「これからは西の方へ行き、人々に鉄の製法を教えなければなりません。」と白鷺に乗って飛び去り、この地の桂の木に降り立ち、他の神様たちを導引し人々に鉄作りの技術を教えたとされています。
  永代たたらの建設に加わった75神をはじめ、火災から高殿を守る神、炉に風を送る神、方位を守る神、と「たたら製鉄」には多くの神様たちが参加したと言われています。
 この神様が一緒だと質の良い鉄が産み出される、と「たたら師」たちの間に金屋子信仰が起こり、たたら場には必ず金屋子神が祀られ、「桂の木」が植えられました。
 その後、たたら集団の拡散と共に全国に広まり、現在では1200社を数える金屋子神社の総本山。春秋の大祭には、鉄工関係業者をはじめ県内外の参詣人が多く訪れています。

■所在地 〒692-0731 安来市広瀬町西比田
■TEL 0854-34-0700(金屋子神話民俗館) ■FAX
■URL
■E-mail
■営業時間
■定休日
■料 金
■アクセス 安来ICより車で40分
安来駅より車で45分
イエローバス・広瀬=西比田線「西比田車庫」下車徒歩20分
■駐車場 あり


大きな地図で見る