Contents  安来へどうじょ
道の駅あらエッサ スタッフブログ
トップページ > 観光スポット > 神社・仏閣 > 雲樹寺(うんじゅじ)

雲樹寺(うんじゅじ)



臨済宗系の古刹。元亨2年(1322年)、孤峰覚明(三光国師)によって創建された禅寺で、出雲地方では最古の禅寺の一つです。
後醍醐天皇の勅願所。四脚門や朝鮮銅鐘など多数の文化財を有し、方丈裏は1万坪の枯山水の庭園があります。

松並木の参道を通り境内に入ると、まず四脚門(大門、国重文)があり、寺内には県下でも数少ない朝鮮鐘(国重文)が現存。
静寂な境内は禅寺としての厳しい面持ちが見られますが、5月に咲き誇る数百株のツツジは圧巻です。



■所在地 〒692-0056 安来市清井町281
■TEL 0854-22-2875 ■FAX 0854-27-0281
■URL
■E-mail
■営業時間 8:00~17:00
■定休日
■料 金 境内自由
庭園&朝鮮鐘の拝観 大人500円、小・中・高校生300円
■アクセス 安来ICより車で5分
安来駅より車で10分
イエローバス「雲樹寺入口」下車徒歩5分
■駐車場 30台


大きな地図で見る